PHPのバージョンを5.2.17から5.3.10に上げたらWordPressが高速化

【2016/06/23追記】
現在さくらインターネットのレンタルサーバではPHPの選択肢に5.6.**も選べるようになっているので、弊社サイトも5.6.**を使っております。

こんばんは(^^)
今は相模大野の管理している賃貸マンションの内装リフォームをしていますが、帰社後にHPもちょこちょこいじっております。
リフォーム施工例集もアップしたいのですが、それはまた後日ということで。。。

現状のレンタルサーバーのプランと私の力量ではこれ以上のWordpressの高速化は・・・

WordPressの高速化ですが私もいろいろと調べて試しておりますが、私の力量と今のレンタルサーバーのプランではそろそろ限界かなぁ?と思っておりました。
弊社はさくらインターネットのスタンダードプランを使わさせて頂いておりますが、PHPのバージョンが自分で選べるようになっております。

標準のPHP[PHP5](推奨)というのは5.2.17なのですが、5.3.10も選べるみたいです。試しに選んでみると、HPを表示させたときに

—–
Warning: strtotime() [function.strtotime]: It is not safe to rely on the system’s timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected ‘Asia/Tokyo’ for ‘JST/9.0/no DST’ instead in /****/****/****/********/wp-includes/functions.php on line 33
—–

こんな感じのエラーが数カ所出てしまったので諦めようかぁと思ったのですが、英語の苦手な私にも何やらタイムゾーンの設定が何たらかんたら・・・・と書いてあるとは理解できたのでGoogle先生に聞いてみましたら、こちらのサイトを紹介して頂きました。
date.timezoneを設定するとPHPが早くなる – [PHP + PHP] ぺんたん info

なるほど。。。タイムゾーンをちゃんとphp.iniに設定すればいいのですね!
例に記載してある通りに

[Date]
date.timezone = “Asia/Tokyo”

と入力してphp.iniを保存してからHPを見ると、無事にエラーが消えておりました。
しかも何だか表示されるまでの時間が短縮されているような感じです(^^)v

ページの表示速度が5.2.17のときよりも速いです

体感だけでなく、どの位速くなったのかをデータベースのキャッシュブラグイン「DB Cache Reloaded Fix」の「リソース使用統計」で計測してみると・・・・・
(5回ずつ計測してみました)

PHP5.2.17の場合
Generated in 1.348 seconds. Made 48 queries to database and 3
Generated in 1.020 seconds. Made 8 queries to database and 40
Generated in 1.016 seconds. Made 8 queries to database and 40
Generated in 1.042 seconds. Made 8 queries to database and 40
Generated in 1.021 seconds. Made 8 queries to database and 40

PHP5.3.10の場合
Generated in 1.083 seconds. Made 48 queries to database and 3
Generated in 0.829 seconds. Made 8 queries to database and 40
Generated in 0.898 seconds. Made 8 queries to database and 40
Generated in 0.853 seconds. Made 8 queries to database and 40
Generated in 0.856 seconds. Made 8 queries to database and 40

確かに速くなっているのが分かります。
PHPが高速化しているので、管理画面でもレスポンスが上がっています。

PHPのバージョン選択が出来る方は試してみてはいかがでしょうか?

キャッシュ系のプラグインを入れても中々これだけの成果を出すのは大変ではないでしょうか?今回、私の環境でははじめに出ていたタイムゾーンのエラーのみで他にインストールしているプラグインも正常動作しておりますが、環境が違うとうまくいかないことも考えられますのでお試しになる方は自己責任でお願い致しますm(__)m