トイレのロータンクと便器の接続部からの水漏れ

SNSでシェアする

こんにちは!
先ほどあったいやぁ~な揺れの地震で、忘れかけていた防災意識を再認識しました。
何時起こるか分からない大地震に対して備えや心がけは大事ですね!!
先日伺ったトイレの水漏れ修理をブログに投稿していなかったので、遅くなりましたがUPします。

賃貸アパートのオーナー様からトイレから水漏れがあるとの連絡を頂き伺ってみると、築年数も経っていて(30数年?)トイレも建てた当時のままでした。
水漏れ箇所を調べてみるとロータンクと便器の接続部分からの漏れでしたので、ロータンク密接パッキンを交換しました。
ロータンク密接パッキン表側

ロータンク密接パッキン裏側

パッキンを交換すると、当たり前ですが今までの水漏れが嘘のように止まります。
外した古いパッキンは厚みが半分ちょっとまで薄くなっていて、劣化して亀裂が多数あったので水が漏れてしまうのも仕方無い状態でした。

古いトイレはロータンク内のボールタップ等の部品がダメになってしまうことで水が漏れてしまったり、止まらなくなってしまったりすることがあります。
ご自身でお持ちのお住まいであれば、ピュアレストQR(節水型トイレ)に交換することをおすすめしたのですが、賃貸物件ですと部品交換で修理をすることが多いですね。
今は昔と違って賃貸市場も空室が多いので仕方無いことですが。。。。