階段の手すり設置工事

SNSでシェアする

築年数の浅いお宅ですが、新築時に階段手すりを付けなかったのですが、階段の上がり下りの際にスムーズに上がり下り出来るようにするのと、転倒などの危険を予防するために階段の内側壁に手摺りを付けて欲しいと弊社に依頼があったので、写真のように施工しました。

写真は踊り場より上の半分ですが、踊り場は手すりを繋げずに、縦型手すりを付けました。これにより、上りの時も下りの時も手すりを持つ手に力が入るので、施主様にも使いやすくなったと喜んでいただきました。
長い手すりは、受け金具の位置の感覚が若干合っていませんが、下地のある場所にしか受け金具をとめられない為です。