TOTO洗面化粧台 ラウンドシリーズを使ってみました♪

シェアして頂けるとサイト更新の励みになります!

先日相模原市南区南台のお客様宅で、TOTOの洗面化粧台「ラウンドシリーズ」を初めて設置させて頂きました。
さすがTOTOの上級グレードの洗面化粧台だけあって、細かな配慮がされていてよく出来ている洗面化粧台だと感じました。

今回設置させて頂いた仕様

洗面化粧台

パックンポケット付き3Wayキャビネットタイプ 壁給水
間口:1,000mm
カウンター高さ:800mm
扉カラー:スフレピンク(L)

ラウンドシリーズ施工後3
パックンポケット付き3Wayキャビネットタイプ(スフレピンク)

化粧鏡

スウィング三面鏡(高さ1,900mm対応)
間口:1,000mm
エコミラー有り

ラウンドシリーズ施工後4
スウィング三面鏡(高さ1,900mm対応)

タオルバー

ラウンドシリーズ施工後2
タオルバー(キャビネット取っ手部)

洗面ボウルが柔らかい曲線の人工大理石製(不飽和ポリエステル系樹脂)でできているので、陶器に比べて割れる心配も少なくなりますね!

ラウンドシリーズの特徴

収納キャビネット

収納量が大幅にアップするTOTO独自のキャビネット 奥ひろ収納「奥ひろし」

今まで無駄なスペースの原因となっていた排水管の配置や構造を見直すなど、TOTOの独自の工夫によって広い収納スペースが生まれました。

ラウンドシリーズ奥ひろ収納奥ひろし

整理も出し入れもしやすい「3Wayキャビネット」

サイズの異なる引き出しに、小物から大きな物、日用品のストックまで効率よく収納できます。

ラウンドシリーズ3wayキャビネット

ボウル周辺がスッキリ片付く「パックンポケット」

散らかりがちだったブラシや化粧品などの小物類を、ボウル前部分のデッドスペースを利用してスッキリ収納。カウンター上が片付きます。

ラウンドシリーズパックンポケット

洗面ボウル

ゆったりとして作業のしやすいボウルデザイン

容量は9L。洗面ボウルにアプローチしやすい形状なので、洗濯や洗顔がラクな姿勢でできます。

ラウンドシリーズボウル

お湯と水をきちんと使い分けられる「エコシングル水栓」

エコシングル水栓は従来品とは異なり、レバー中央部まで水が出ます。水と湯の境にクリック感を作ることで、水と湯がきちんと使い分けでき、無意識による湯の無駄使いを防ぎます。

ラウンドシリーズエコシングル水栓

水の渦でごみをまとめやすくなった「らくポイヘアキャッチャー」

髪の毛などのゴミをキャッチする受け皿をサッと取り外して簡単にポイっと捨てられます。お掃除がぐんとラクに。

ラウンドシリーズらくポイヘアキャッチャー

汚れがたまりにくくなった「お掃除らくらく排水口」

ラウンドシリーズお掃除らくらく排水口

化粧鏡

左右開きができて、手元にも引き出せる「スウィング三面鏡」

左右どちらからでも開閉できて、手元にも引き出せる便利な両開きの鏡扉。鏡裏はすべて収納スペースで、小物からストック品までたっぷり収納できます。

ラウンドシリーズスウィング三面鏡

設置してみてのお客様の反応

お客様がTOTOショールームで実物を見てきて、このラウンドシリーズの曲線のボウルを気に入ってお選びになったので、設置後はとても満足されておりました。

いろいろな箇所に女性に嬉しい細かな配慮がされているので、洗面化粧台を使う時間の長い女性の方の満足度はとても高いですね!

ガス給湯器のリモコンの場所の都合で900mm幅タイプしか設置できないと思われていたのですが、今回は脱衣室の壁&天井のクロスも一緒に貼り替える際にガス給湯器のリモコンを移動したので1000mm幅タイプを設置することができました。

ラウンドシリーズ施工後1
リモコンを移動したので1000mm幅タイプを設置することができました

TOTOラウンドシリーズ おすすめです!!!

以前、オクターブのラウンドタイプを設置したのですが、現在オクターブはラウンドタイプのラインナップを廃止しており、このラウンドシリーズを独立した新しいラインナップに加えた感じですね。

TOTO洗面化粧台 Octave(オクターブ)の施工例
2016/12/14追記現在オクターブのラウンドタイプは廃止されて、ラウンドシリーズとして独立して新しくなっております。リフォーム施工例集に...

スタンダードなクラスの洗面化粧台と比較すると少々価格は高いですが、価格差以上に質感や機能が充実しているので、ご興味のある方はTOTOショールームで実物を見る&触ってみることをオススメします!!
TOTOラウンドシリーズ、おすすめです!!!

フォローして頂けると凄く嬉しいです♪