屋根リフォームなら軽量&長寿命のガルバリウム横葺「ダンネツトップS&Sルーフ」がおすすめです!

屋根は家の中で厳しい条件に晒されている場所のひとつです。
屋根のリフォームに適しているのが、軽量で長寿命のガルバリウム鋼板を使っているセキノ興産の「ダンネツトップS&Sルーフ」です。
瓦屋根からの葺き替えでも、既存のカラーベストや板金屋根を剥がさずに施工できる「カバー工法」でも施工できるのでおすすめです!!

軽量&長寿命のガルバリウム鋼板を使用しています

ガルバリウムはアルミニウムと亜鉛の合金メッキにより高い防食性能と自己修復性能を両立させています。従来のトタン(亜鉛鉄板)とくらべて3倍から6倍の長寿命となっています。

ガルバリウム鋼板の原板
ガルバリウム鋼板の原板

重量も平方メートルあたり約4.8kgと、カラーベスト(平方メートルあたり約20kg)や日本瓦(平方メートルあたり45kg)と比較すると、ガルバリウムの軽さがよく分かりますね!

瓦からの葺き替えもカラーベストの上葺き(カバー工法)も

金属屋根材は板金加工して色々な形に加工できるので、複雑な形状の屋根にも施工することができます。
軽量ですので瓦屋根からリフォームすることで屋根重量を軽くすることもできますし、カラーベスト屋根へカバー工法で上葺きすることも可能です。

瓦屋根からダンネツトップS&Sルーフへ葺き替え

日本は地震の多く、震災時の映像で古い日本瓦屋根の家が潰れてしまっているのをご覧になった方も居られると思いますが、瓦屋根からダンネツトップS&Sルーフに葺き替える事で屋根重量を約1/9にすることができるので、地震の際の危険性もかなり軽減されます。

ダンネツトップS&S施工前2
ダンネツトップS&Sルーフ施工前
ダンネツトップS&S施工後3
ダンネツトップS&Sルーフ施工後
瓦葺きからダンネツトップS&Sルーフ(ガルバリウム横葺)への施工例
昨年9月に上鶴間本町のお客様宅で施工させて頂いたセキノ興産の「ダンネツトップS&Sルーフ(ガルバリウム横葺)」の施工例ですが、ブログでも現場...

カラーベストへ上葺き(カバー工法)

カラーベストを剥がさずに棟包み等の役物のみを撤去して、アスファルトフェルトを敷いてその上にダンネツトップS&Sルーフを施工する「カバー工法」ですと、既存屋根を撤去しないので経済的で工期短縮にもなります。
既存屋根材は屋根下地となって遮音性や断熱性の向上にもなります。

既存屋根材を剥がさないので若干の重量アップとなりますが、カラーベスト屋根にカバー工法で重ねて葺いても平方メートルあたり約24.8kgですので、耐震性に影響はありません。

カバー工法施工前
カバー工法施工前
ダンネツトップS&Sルーフカバー工法
カバー工法施工後

すっきりとした左右対称形状

左右対称のすっきりとしたデザインなので、お住まいの雰囲気の邪魔になりません。つや消しカラーなので、落ち着いた雰囲気に葺き上がります。

ダンネツトップS&Sルーフ仕様
ダンネツトップS&Sルーフ仕様
左右対称形状の屋根
左右対称形状の屋根

金属屋根材の課題であった断熱性もクリア

金属屋根は薄くて加工しやすい分、断熱性が問題視されてきました。ダンネツトップS&Sルーフは裏側に断熱材を貼ってあり、表面の塗装に特殊な遮熱塗料(特許製品 塗膜保証15年)を用いているので日光に含まれる赤外線を反射し、屋内への熱伝導を減少させて塗膜へのダメージも軽減させています。

遮熱耐摩カラーGL 耐摩グリーン
遮熱耐摩カラーGL 耐摩グリーン

軽量&長寿命のダンネツトップS&Sルーフおすすめです!!

瓦屋根の葺き替えからカラーベストのカバー工法まで、金属屋根なので複雑な形状でも柔軟に対応できるのでリフォームには最適です。
屋根のリフォームをお考えでしたら、軽量&長寿命のダンネツトップS&Sルーフをおすすめします!