マンション共用部への禁煙の掲示・・・その後

SNSでシェアする

本日別件で相模大野の管理している賃貸マンションに行ったので、先日掲示した「マンション共用部での禁煙のお願いを掲示・各世帯へ配布」の後、どうなっているのかの様子を見てきました。

先ほど投稿したINAXトイレのフロートゴム玉交換の作業を終わらせて、恐る恐る吸い殻が捨てられていた現場に近づいてみると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
禁煙掲示後の様子1

禁煙掲示後の様子2
おぉっ!吸い殻も無くきれいじゃないですか!!
禁煙の掲示後に3階にお住まいの方とお話ができたのでいろいろと教えて頂いたのと、もし見かけたら弊社まで連絡を頂けるようお願いしてきたばかりでした。
まだ掲示してから日が浅いのですが喜んではいられませんが、禁煙の掲示と全世帯への配布で少なからず効果があったようです。

完全に吸い殻は無くなったのでしょうか?

該当箇所だけでなく、建物内の共用部を一回り確認してきましたが吸い殻はありませんでした。それでホッとしたのも束の間、マンション正面入口前の側溝排水口近くに吸い殻が落ちていました。
ここに吸い殻がありました

アプローチ前の側溝排水口
ここは公道なので「誰」の吸い殻かは分かりませんが、2本のうち1本は共用部の吸い殻と同じ銘柄のものでした。建物の外ですので特別「禁煙」とは謳っておりませんので、喫煙される方の意識の改善を強く望むしかありませんね・・・。

神奈川県は「受動喫煙防止防止条例」などがありますので、喫煙される方は普段から肩身の狭い思いをされていると思います。ごく一部の方の喫煙マナーの悪さが喫煙者全体の印象を悪くしてしまい、最終的には自分も今以上に肩身の狭い思いをしなければいけないということを理解して貰えるといいのですが。。。

今回の件を通じて、喫煙者と非喫煙者が上手く共存していく為には喫煙マナーの底上げが必須だと改めて感じさせられました。