南区下溝のお客さま宅で防草シート施工

こんばんは!今日も暑くて、昼間は半袖でもいい位の気温でしたね^^;
今週は明日からあまり天気が良くないみたいで・・・屋根改修が工程通りに終わるといいのですが。。。

南区下溝のお客さま宅で防草シートを施工してきました

LINE@で友だち登録して頂き、庭の雑草にお悩みで弊社に問い合わせを頂いた、弊社から車で数分(相模原市南区下溝)のお客さま宅で防草シートを施工してきました。

施工前の様子

以前は木製のウッドデッキが設置してあったらしいのですが、腐食してしまい撤去されたようで、束石の隙間にご自身でホームセンターで防草シートを購入して敷かれたとの事でした。

まずは防草シートを施工するための下地作り

土に凹凸が大きかったので、敷かれていた防草シートを全て撤去しました。
角にある切り株はそのままにしておいていいとの事でしたので、切り株以外の凹凸をならしました。

防草シート施工

グリーン色の防草シートをご希望でしたので、デュポン社の「サバーン240G」という高性能な防草シートを選びました。

ザバーン®防草シート・プランテックス®防草シート | 株式会社グリーンフィールド
ザバーン®防草シートは、米国デュポン社で開発したポリプロピレン・4層スパンボンド不織布。優れた透水性と耐候性で、雨(水)や液体肥料を通しやすく、さまざまな用途に対応。株式会社グリーンフィールドはデュポン™ザバーン®国内総販売元です。

下地が平坦で無かったので張るのに手間取りましたが、無事に張り終えることができました。

性能の良くない防草シートですと、シートの隙間から雑草が生えてきてしまったりしますが、ザバーンは一本一本の太い繊維が融着しているので強度と寸法安定性が極めて高く、イネ科の植物やスギナなどの貫通力の高い植物も生えてこられないと説明書きにありました。

ザバーンは紫外線にとても強いので、シートの上に何も敷かなくても長期間雑草から守ってくれます。

庭の雑草にお困りでしたら弊社までお気軽にお問い合わせ下さい♪