LIXIL ライシス門扉2型 オータムブラウン 08-12 両開きへ交換の施工例

相模原市南区上鶴間本町のお客様宅で門扉が壊れてしまったということでLIXILの「ライシス門扉2型」に交換させて頂いた施工例を掲載致します。

ビフォーアフター【施工前後の比較】

門扉交換前
門扉交換後

LIXIL ライシス門扉2型 オータムブラウン 08-12 両開きへ交換に至るきっかけ

築年数がかなり経たれたお客様宅で、既設の門扉もかなり傷んでおりきちんと開閉できない状態になってしまっておりました。
きちんと閉められないと防犯上でも不安があるので、ちょっとしっかりとした門扉に交換したいということでLIXILの「ライシス門扉2型」をご提案したところ、気に入って頂けたので交換させて頂きました。

施工例ギャラリー

写真をクリックで拡大します。拡大した写真下の<>をクリックして(スマホ・タブレットでは左右にスワイプすることでも)前後の写真を見ることができます。

LIXIL ライシス門扉2型 オータムブラウン 08-12 両開きへ交換で注意したこと

門扉が開閉する箇所の土間コンが一部盛り上がってしまっており、既設の門扉では盛り上がっていた箇所に引っ掛かってしまいきちんと開閉できない状態でしたので、ライシス門扉2型を設置する時に若干土間からの高さを高めに設置しておきました。

高めに設置したので土間に引っ掛かりません

LIXIL ライシス門扉2型 オータムブラウン 08-12 両開きへ交換してお客様の反応

お客様宅のフェンスが鉄製のフェンスが設置してあり、ブラウン色に塗装してあるので門扉のアルミ色をオータムブラウンにしたので交換しても違和感無く周囲にとけ込んでいますね♪

「外出する時にきちんと鍵が掛かって安心♪」

とお客様にもご満足頂けました(^^)

工期及び施工価格

【施工価格】約150,000円
【工期】1日

エクステリア・外構の施工例一覧へ