断熱リフォームは発泡ウレタン吹付けがおすすめです!

シェアして頂けるとサイト更新の励みになります!

冬場の床面からの冷え込みや夏場の屋根からの熱気の伝わりなど、外からの熱を室内へ入れない為にはしっかりと断熱材を施工することが大事です。発泡ウレタン吹付断熱は現場施工ができ、吹き付けることで隙間も埋めるので断熱効果がとても高いので断熱リフォームにはとてもおすすめです!

断熱材はしっかりと施工されていて初めて効果を発揮します

築年数にもよりますが、新築時から床下や屋根裏の断熱材が施工されていなかったり、施工はされていたけど経年で垂れ下がったり隙間だらけだったり・・・・そんな状態になってしまうと夏場の焼け込みや、冬場の底冷えの大きな原因となってしまいます。

新築時から断熱材が施工されていないケースもあります

上の写真は築30年程のお客様宅ですが、床下には全く断熱材が施工されておらず、床板も12mm厚フローリング1枚なので冬場の床からの冷え込みが酷いと仰っていました。

発泡ウレタン吹付なら現場で施工できます

床の断熱リフォームをする為に、床を全て剥がして断熱材を根太間に敷き込んでからフローリングを貼るのも一つですが、工期も予算も結構掛かってしまいます。床下からフォーム状の断熱材を施工するのは作業スペースが狭いので施工がかなり困難です。

そんな時こそ発泡ウレタン吹付断熱がおすすめです!
現場で吹付けができるので床板や天井板を剥がす必要もありませんし、身体が潜っていけるスペースがあれば床下からでも吹付けることが可能です。

発泡ウレタンは現場で吹付けできます

吹付けることで隙間ができないので、断熱材を施工していくよりもしっかりと断熱することができます。

発泡ウレタン吹付断熱の施工例

発泡ウレタン床下断熱の施工例

発泡ウレタン床下断熱

元々グラスウールの断熱材が施工されていましたが、経年でグラスウールが垂れ下がってしまった為に断熱材を撤去して発泡ウレタンを床下から吹付けました。詳しくはこちらの施工例をご覧ください。

発泡ウレタン床下断熱の施工例
町田市相原町で4月に施工させて頂き、ブログ「発泡ウレタンで床下断熱施工」でもご紹介しましたが、写真と施工内容を整理したのでリフォーム施工例集...

発泡ウレタン屋根裏断熱の施工例

発泡ウレタン屋根裏断熱

2階天井板裏には断熱材が置いてありましたが、夏場の焼け込みが酷いという事で野地板に発泡ウレタンを吹付けました。詳しくはこちらの施工例をご覧ください。

発泡ウレタン吹付け屋根断熱の施工例
相模原市南区相模台のお客様宅で夏場に屋根からの熱気が酷いということで発泡ウレタン吹付け断熱工事を施工してきました。 ビフォーアフター【施工...

フォローして頂けると凄く嬉しいです♪