さくらのレンタルサーバ スタンダードプランでのWordPress高速化

wordpress・サイト関連

こんにちは!本格的な冷え込みとなり、インフルエンザやノロウィルスが猛威を振るっておりますが皆さまはご無事でしょうか?
我が家は子どもが軒並みインフルエンザA型にやられてしまい、先週末から看病している妻と自分もちょっと看病疲れが出てきたので、自身が感染しないように気を付けないといけないですね。

今日はリフォーム関連の話題ではなく、久しぶりに弊社Webサイトを構築しているレンタルサーバーやWordpressの話題を書きたいと思います。

弊社Webサイトはさくらのレンタルサーバ スタンダード環境でWordpressを運用しています

今ご覧頂いているこの弊社サイトはさくらインターネット(株)さんのレンタルサーバ スタンダードプランにWordpressをインストールして運用しています。

WordPress、EC-CUBE、concrete5等CMSが使えるスタンダードプラン - レンタルサーバーはさくらインターネット
人気No.1のレンタルサーバーといえば、さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン。EC-CUBE、WordPress等CMSの簡単インストールが可能。Webフォントも30書体利用可能。独自SSLなど最適なセキュリティも充実しているので、個人用途から法人でのご利用・商用利用まで大活躍です。

さくらのレンタルサーバにはWordpressのクイックインストールという便利な機能があるのですが、インストールする場所の都合でクイックインストールを使わずに手動でセットアップしています。

もう少し金額を出せば他社サーバーで高性能なものもあるのですが、さくらインターネットさんとは長いお付き合いになっていますし、トラブルや不具合があった際にもしっかりと対応して頂けるので今のところ乗り換えるつもりはなく、現状のスタンダードプランで運用していくつもりです。

レンタルサーバの詳細

さくらのレンタルサーバ スタンダードのサーバ詳細です。

サーバスペック

2017年1月20日現在のサーバスペックです。

OSバージョンFreeBSD 9.1-RELEASE-p24 amd64
プランさくらのレンタルサーバ スタンダード
CPUIntel Xeon E312xx (Sandy Bridge)
メモリー容量18GB
ディスク容量100GB
ApacheバージョンApache/2.2.31
PHPバージョンPHP 7.1.0 (cgi-fcgi) (built: Dec 2 2016 12:38:00)
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0-dev, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies

さくらのレンタルサーバでPHP7.1が使えるようになりました!

2016年12月14日からPHP7.1を選択できるようになり、PHP5.6使用時にくらべて弊社サイトのWordpress環境でも若干のレスポンスUPしました。

さくらのレンタルサーバ PHP7.1 提供開始のお知らせ | さくらインターネット
さくらのレンタルサーバ PHP7.1 提供開始のお知らせ。

php.iniの記述

always_populate_raw_post_data=Off
date.timezone=Asia/Tokyo
default_charset="UTF-8"
display_errors=off
expose_php=off
magic_quotes_gpc=Off
magic_quotes_runtime=Off
magic_quotes_sybase=Off
post_max_size=64M
upload_max_filesize=64M
variables_order="GPCS"
zend_extension=/usr/local/php/7.1/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20160303/opcache.so
opcache.enable=1
opcache.memory_consumption=128
opcache.interned_strings_buffer=8
opcache.max_accelerated_files=4000
opcache.revalidate_freq=60
opcache.fast_shutdown=1
opcache.enable_cli=1

さくらのレンタルサーバのスタンダードはPHPがCGIモードで動作しているので「Zend Opcache」は使えないのですが、Opcacheを有効にしても今のところ特に不具合が無いので、そのまま様子を見ています。

「Zend Opcache」の設定はこちらのサイトを参考にさせて頂きました。

OPcache導入してみた!(速さ検証もあるよ!) - Qiita
#OPcacheとは OPcacheとはコードをコンパイルし、共有メモリへ保存しておく仕組みのことです。 PHPはインタプリタですが、この仕組みによってリクエストごとにスクリプトを読む必要がなくなり、パフォーマンスの向上が期待されます...

今後不具合が出るようでしたらZend Opcacheの設定は削除しようと思います。

2017/04/28追記
Opcacheを有効にしているとレスポンスが悪い感じがあったので、php.iniのOpcacheに関する記述を削除しました。
always_populate_raw_post_data=Off
date.timezone=Asia/Tokyo
default_charset="UTF-8"
display_errors=off
expose_php=off
magic_quotes_gpc=Off
magic_quotes_runtime=Off
magic_quotes_sybase=Off
post_max_size=64M
upload_max_filesize=64M
variables_order="GPCS"
(有)小嶋ライフとLINEで友だち追加すると、LINEトークで簡単にお問い合わせや、ちょっとした住まいの疑問などもお気軽にトークで聞くことができます。 写真を送信してそのまま現調の依頼もOKです♪