TOTOトイレのボールタップ ダイヤフラム部分の交換

こんにちは!すっきりしない日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
どうも先週末から風邪っぽくて、喉と鼻水に悩まされていて結構な早さでティッシュペーパーを消費してしまう位、鼻水が止まらないんですよね・・・・。

ボールタップのダイヤフラム部分を交換してきました

午前中に相模原市南区南台のお客様から連絡があって、トイレの手洗いの水が出なくなってしまったという事で先程伺って見せて頂くと、タンクがTOTOの「SH31BA」という15年程前の機種が設置してありました。

TOTOトイレ
設置してあったTOTOのトイレ
SH31BA
タンク型番SH31BA

15年から20年前のTOTOのトイレはタンク内のボールタップのダイヤフラム部分のパッキンがダメになってしまい、タンクに水が溜まるのが凄く時間が掛かったり、手洗いから出てくる水が出てこなかったりする症状が出ることがあります。

ボールタップ展開図
TH405Sがダイヤフラム部分

このお客様宅もやはりダイヤフラムの劣化が原因でしたので、早速新しいダイヤフラムに交換しました。

新しいダイヤフラム
新しいダイヤフラム(TH405S同等品)

ダイヤフラムを交換すれば正常に動作するようになりますので、15年前から20年前位のTOTO製トイレをお使いで急にタンクに水が溜まらなくなってしまった場合はダイヤフラムの交換で直る場合があります。

ダイヤフラムの交換も弊社までお問い合わせ下さい!!