築28年の木造アパートユニットバスの漏水現調

シェアして頂けるとサイト更新の励みになります!

こんにちは、夏本番もすぐそこまで来ていますね!東海から九州にかけては一気に梅雨明けして、一足早く夏本番を迎えているようですが、関東より北側はいつ梅雨明けするのでしょうか?

今日は座間市相模が丘にある築28年のアパートで2階のユニットバスから漏水があるということで現調してきました。

ユニットバス入口
ユニットバスの入口
ホクサンの1116
ホクサンの1116サイズユニットバス

今は亡きホクサンの2点ユニット(浴室+洗面)が使ってあり、2階のユニットバスから1階に漏水しているようで、1階ユニットの天井点検口から水が垂れてくるとの事でした。

点検口内部
点検口内部
排水トラップからも漏水
排水トラップから漏水
給湯管のフレキジョイントから漏水
給湯のフレキ管から漏水

点検口から覗くとまず給湯のフレキ管の水栓ジョイント部から漏水していて腐食しているのがひと目で分かりましたが、現状では漏水はしていなかったです。

水を流しながら1階点検口から2階を覗くと、排水トラップから漏水しているのが確認できました。原因は排水トラップ廻りからの漏水ですね。

築年数も経っているので、ユニットバスの入替えをご提案するつもりでおります。

フォローして頂けると凄く嬉しいです♪