基礎・床下まわりを長持ちさせるコツ

床下は外壁よりも先にチェックしてみてください。床下の湿気が多いと土台廻りが腐食してしまったり、シロアリが入ってしまったり…ということになってしまいます。

土台は基礎と建物を継ぐ大切な構造体ですので腐らせてしまうと大規模な修繕が必要となってしまいます。

土台まわりの腐食
土台の腐食

このケースは柱に雨が差したものが下に伝わって土台が腐ってしまいましたが、床下の湿気がひどくても土台まわりを傷めてしまいますのでとにかく外部から水気を入れないことと、湿っぽい淀んだ空気は強制的に排出するということがとても大切です。

床下のポイント

床下の湿気が多いと土台まわりや床下地などの木部の湿度が高くなり、シロアリが好む環境となってしまいます。ですので、床下はとにかく湿気をこもらせないようにすることが大切です。

床下換気扇

床下換気扇を設置して強制排気することによって湿気を排出することが出来るのですが、ただ単に2・3台付けただけでは逆効果になってしまうことがあります。きちんと床下全体の風の流れを考えて効率よく換気が出来るように換気扇を適正な台数設置しなければいけないのです。

外付け用床下換気扇
特殊な外付け用床下換気扇もあります

床下換気扇は通常基礎内側に設置するのですが、床下高が不足していたり基礎梁が障害となって床下の換気口へ辿り着けない時もあります。
写真はそういう場合にでも基礎の外側に設置できる床下換気扇を設置した例です。

外付け用床下換気扇取付の施工例
トータルリフォームの一部です。築15年程の家ですが、床下の湿気が気になるということで確認したのですが、床下の換気が悪いので床下換気扇を設置致...

シロアリ消毒

シロアリ消毒ですが、現在の薬品では5年間しか効果が持続しませんので、5年ごとの施工をおすすめ致します。

シロアリ消毒は薬剤の効果が5年しか持続しません
シロアリ消毒は薬剤の効果が5年しか持続しません
白蟻(シロアリ)消毒の施工例
相模原市中央区田名で以前白蟻消毒を施工させて頂いたお客様宅で保証期間(5年)が経過したので再施工させて頂きました。以前施工させて頂いた時には...

今すぐできる床下換気効率の改善

皆さまがすぐに出来ること・・・床下換気口の前に換気の障害となるような荷物を置いてありませんか?置いてある場合はすぐに動かしましょう。それにより、現在の換気効率の100%に近い換気が出来ます。床下換気口の前は常に空けておきましょう!!

床下換気口の前は空けておきましょう

住まいのチェックポイント一覧