外壁まわりを長持ちさせるコツ

「屋根まわり」「床下まわり」「外壁まわり」3箇所の外まわりチェックポイントの中で最も普段目に付きやすい場所ですので、ちょっとした変化も気がつく可能性が高いと思います。

各外壁材共通のポイント

外壁材は紫外線や風雨に晒されて、表面の塗膜が少しずつ劣化していってしまいます。塗膜の傷みが酷くなってからメンテナンスするよりも、傷みが酷くなる前にメンテナンスしていく方が外壁材を長持ちさせる事ができます。

お住まいの外壁材がこんな症状になっていたら、かなり傷んでいますので早めのメンテナンスをおすすめします。

外壁面への固定物からの水の侵入

塗膜が傷んでくると縦樋の樋受け金物や電灯線の引留金物など、外壁面に直接固定してある金物のボルト部分から雨が差して中の柱が腐ってしまうことがあります。

縦樋受金物部から腐食
縦樋の受金物から水が侵入して腐食してしまいました

写真はそのまま長期間放置してしまった為に柱が一部腐ってしまい、モルタル面にも亀裂が多数入ってしまっております。こうなる前にしっかりメンテナンスしていかないと住まいを長持ちさせることができません。

塗膜の劣化によるチョーキング現象

塗膜が傷む前は防水性もしっかりしていますが、経年と共に紫外線や風雨、熱に晒されて塗膜が傷んできてしまいます。

塗膜の傷みが酷くなってくると塗膜の艶が消えてしまい、触ると白いチョークの粉のようなモノが手に付着します。これを「チョーキング現象」といいます。

塗膜の劣化によるチョーキング現象
チョーキング現象の例

お住まいの外壁材を触ってみて、この写真のように白い粉が付着するようでしたら塗膜の傷みが進んでいる状態です。

藻やカビの発生による変色

外壁材の防水性が落ちてくると塗膜内部に水分が浸透していってしまいます。そうすると乾くまでに時間を要するようになり、塗膜の傷みが更に進行していきます。

外壁面に藻の発生
外壁に藻が発生してしまっています

濡れてから乾燥するまでの時間が長くなることで塗膜表面に藻やカビが発生してしまい、更に外壁材の傷みを進行させてしまいますのでお住まいの外壁に藻やカビが発生していたら注意が必要です。

モルタル外壁のポイント

現在、外壁材はサイディング仕上げの建物が多いですが、以前(築25年~)の一般住宅の外壁はモルタル仕上げが多く見られました。

仕上げ方法は「スタッコ」「リシン」「ローラー仕上げ」「左官仕上げ」等があり、表面は塗装をして仕上げるのですが、新築時の塗膜はかなり薄いことが多いので新築後初めてのメンテナンスは早め(10年目安)にした方がいいです。

クラック・ヘアークラック

クラックはのヒビ割れのことです。モルタル仕上げでは避けることのできない症状ですが、放っておくと水分が内部に浸透してしまい外壁面を傷めてしまう原因となります。

外壁のクラック
外壁のクラック

クラックの幅の狭いもの(幅2mm程度まで)でしたら弾性シーリング材の充填で補修できますが、クラック幅の大きなものは、クラックをV字にカットしてシーリング材を充填する等の工法で補修しないといけません。

浮き・欠損

ひび割れを放っておいてしまうとモルタルが浮いてきてしまい、欠落してしまうこともあります。

モルタル腐食による欠損
モルタル腐食による外壁材の欠損

こうなってしまうとメンテナンスも大掛かりになってしまうので、こうなる前に定期的にメンテナンスしていくことをおすすめします。

サイディングのポイント

今はかなり多くの割合の一般住宅で使われている外壁材で、窯業系サイディングや金属サイディングがあります。
目地部分をとって外壁材の逃げも作ってあるので、モルタル仕上げに比べてクラックの心配は少ないですが、傷んでくると目地コーキングの痩せや塗膜の劣化などが目立ちます。

目地コーキングの痩せ

サイディングの目地コーキング材が痩せて隙間が出来てしまうのはよく見ないと気がつかないことがあります。

サイディング目地のコーキング材痩せ
サイディング目地のコーキング材痩せ

コーキング材は状況により打ち替えや補修をする必要があります。屋根同様、痛みすぎてしまう前に塗装することで長持ちさせることが出来ます。

浮き・割れ

目地コーキングの痩せを放っておくと内部に水分が侵入して、胴縁(木下地)が腐食してきてサイディングが浮いてきてしまうことがあります。

サイディングの割れ
サイディングの割れ

変形してしまうと写真のようにサイディングが割れてしまうこともありますので、こうなる前にメンテナンスしないといけません。

住まいのチェックポイント一覧