白熱電球からLED電球へ交換

こんにちは、今日も昼間は暑かったですね><
さすがに朝晩はだいぶ涼しくなってきて、明日からは秋を感じられるようになるってFMヨコハマで言っていました(^o^)丿

「スポーツの秋」「読書の秋」「食欲の秋」・・・と秋は色々と楽しめることが多いですね!
食べるものが美味しいので食欲を抑えるのに苦労しますが。。。

今日は以前からいろいろと施工させて頂いているお客様のお宅で、白熱電球が残っている箇所をLED電球に交換してきました。「節電」と「電球が切れたときの交換の手間が省ける」というのが、今回の交換の決め手となったようでした。お客様が青白い色味があまり好みではないということで、今回はすべて電球色で揃えております。

廊下&階段&浴室はLED電球のみの交換

階段&廊下&浴室は照明本体は既存を使用して、電球のみをLED電球に交換することにしました。
まず階段&廊下ですが、口金がE17なのでパナソニックの「LDA6L-H-E17」を使いました。

パナソニックのE17口金で電球色の中で一番明るいタイプにしたので、交換前よりも明るくなりました。写真では電球色が分かりにくいですね(特に2枚目)。

浴室はE26口金だったので、こちらもパナソニックの「LDA11L-G」を使いました。

浴室は配光角度が300度の高拡散タイプでかつ、電球色でも明るいタイプ(50形相当)にしたので明るさは充分です。

トイレ&脱衣室は照明本体も一緒に交換

トイレと脱衣室は既存の照明がだいぶ疲れていたので、LED電球がセットになったタイプの照明に交換しました。
ついてきたLED電球は東芝の「LDA6L/4」でした。電球色なので380lmという表記で明るさに少し不安がありましたが、交換してみたら全く問題ありませんでした。

照明本体ごと交換したので、雰囲気が変わってお客様も喜んでおりました。

これですぐに電球が切れる心配はなくなりましたね♪
かつ節電になるので、まだ白熱電球をお使いの方はすぐに交換されることをおすすめ致します!!!