内開き用インプラスの施工例

こちらも内装トータルリフォームの一部で、元々はローラーキャッチャーではまっているだけの雪見障子が入っていたのですが、上げ下げの調子が悪くなってしまったので、新しく障子を作るよりもインプラスを入れた方が断熱性や遮音性に優れているので、内開き用インプラスを入れることにしました。ガラスも和紙調タイプのものを選べば、和室にも違和感無く溶け込みますね!

内開き用インプラス施工に至るきっかけ

元々入っていたローラーキャッチャーではめって入っていた雪見障子の調子が悪かったので作りなおして欲しいと言われたのですが、断熱性や耐久性を考えると内開き用インプラスを入れるほうが効果があるので内開き用インプラスをおすすめしたところ、お願いしますとのことでしたので施工させて頂きました。
和室に設置するのに和紙調のガラスを選ぶことができたのも内開用インプラスを選んだ要因のひとつですね。

内装は新築からリフォームしていなかったので、床を綺麗にするのならついでにということで内装のトータルリフォームも含めて下のリフォームを施工させて頂きました。
[jirei order=”desc” posts_per_page=”20″ tag=”%E5%8D%97%E5%8C%BA+%E5%A4%A7%E9%87%8E%E5%8F%B0+y%E9%82%B8+1%E6%9C%9F”]

施工例ギャラリー

写真をクリックで拡大します。拡大した写真下の<>をクリックして(スマホ・タブレットでは左右にスワイプすることでも)前後の写真を見ることができます。

内開き用インプラス施工で気をつけた点

内開きインプラス施工後3

枠の歪みも無く採寸も施工も順調でした。引き違い用インプラスと違い、吊元側の縦枠の固定方法がかなりしっかり止められるようになっております。吊元側にかかる力が大きいのでしっかり止められるようになっていないとゆるみやガタつきが出てしまう可能性がありますからね。

工期及び施工価格

【施工価格】トータルリフォームの一部の為、別途お問い合わせ下さい。
【工期】寸法取り1日、施工1日

サッシ・建具の施工例一覧に戻る