カーポートのポリカ波板貼り替えの施工例

先日のブログで投稿した爆弾低気圧ではがされたカーポート屋根のポリカ板貼り替えをちょっと遅くなってしまいましたがリフォーム施工例集に掲載致します。

カーポートのポリカ波板貼り替えに至るきっかけ

以前に外装トータルリフォームを施工させて頂いたお客様から「先日の爆弾低気圧でポリカ波板をはがされてしまった」と連絡がありましたので伺うと、真ん中の2枚は完全にはがされており他の波板もフックが飛ばされてバタバタしている状態でした。

波板フックは強風でカーポートが壊されそうになったときに、波板だけがはがされるようにとフックは「6山ピッチ」が標準なのですが、今回はポリカ波板の枚数も9枚→10枚にして重ね面を増やし、フックも6山ピッチ→3山ピッチにしてしっかりと止めました。

施工例ギャラリー

写真をクリックで拡大します。拡大した写真下の<>をクリックして(スマホ・タブレットでは左右にスワイプすることでも)前後の写真を見ることができます。

カーポートのポリカ波板貼り替えで気をつけた点

ポリカ波板施工後1

波板もはがされてしまいましたがビスやボルトで締めてある箇所も多数ゆるみがあったり、屋根全体の歪みもあったので調整しながらの施工となりましたが、施工後に各ビス・ボルトを締め増したところガタつきが収まってしっかり感が出ました。

工期及び施工価格

【施工価格】別途お問い合わせ下さい
【工期】半日

エクステリア・外構の施工例一覧へ