玄関サッシ入替の施工例1

シェアして頂けるとサイト更新の励みになります!

玄関ドアの丁番の付け根がもげてしまい、玄関ドアが落ちてしまいました。外枠を撤去すると大工事になってしまいますので、リフォーム用玄関ドアで既存枠内にきれいに納めました。既存枠は残してあるので、室内側の木枠もそのまま使えます。

玄関サッシ入替に至るきっかけ

施主様より「玄関ドアの付け根がとれてしまったので見て下さい」と弊社にご連絡を頂きましたので現調させて頂きましたら、見事に丁番部分がもげてしまっておりました。アルミの肉厚が少し薄く感じましたが・・・。玄関サッシごと全て入れ替えると大工事になってしまうので、既存枠内に収めるリフォーム用玄関サッシを使ってはどうですかとご提案したところ、その方法でお願いしますとのことでしたので施工させて頂きました。

施工例ギャラリー

写真をクリックで拡大します。拡大した写真下の<>をクリックして(スマホ・タブレットでは左右にスワイプすることでも)前後の写真を見ることができます。

玄関サッシ入替で気をつけた点

玄関サッシ入替中4

既存枠内に納めるのでしっかり採寸してオーダーしないといけません。取付ける際も既存枠の歪みをうまく逃がしながら正常に開閉できるように調整しております。

工期及び施工価格

【施工価格】旧ドア撤去等含み約¥300,000円
【工期】2日間(寸法取り1日・施工1日)

サッシ・建具の施工例一覧へ

フォローして頂けると凄く嬉しいです♪