アプローチタイル補修の施工例

管理している賃貸マンションの道路側のアプローチタイルなのですが、前面道路が狭いためにアプローチタイルに乗り上げてすれ違うポイントになってしまっています。車が乗り上げると、側溝が少し下がってしまう為にタイルが割れてしまいます。
下のコンクリートまではつって13mmの鉄筋で配筋して、コンクリート刷毛引きで仕上げました。今回は側溝とは縁を切って施工しました。

アプローチタイル補修に至るきっかけ

以前にもこのアプローチタイルを縁石につなげて補修したことがあったのですが、車が乗ると縁石が下がるようで補修した箇所がまた割れてしまいました。ですので今回はパッキンで縁石と縁を切ってモルタル刷毛引で補修しました。

施工例ギャラリー

写真をクリックで拡大します。拡大した写真下の<>をクリックして(スマホ・タブレットでは左右にスワイプすることでも)前後の写真を見ることができます。

アプローチタイル補修で気をつけた点

アプローチタイル補修前3

前面道路が狭く、車がすれ違うのにこのアプローチに乗られることが割れてしまう原因です。下がってしまう縁石とくっつけてしまうとまた割れてしまうので今回は縁を切りました。

【2012/4/13追記】
毎週定期清掃に行っているので常に状態は確認しておりますが、現在も補修した箇所は割れずにしっかりとしております。

工期及び施工価格

【施工価格】ハツリ・配筋・コンクリート打ち一式¥94,000-
【工期】1日

エクステリア・外構の施工例一覧へ